ブルーベリーは現代における万能薬【様々な効果を知る】

今後の見解とサプリ

今の医学的見解について

ブルーベリーにはアントシアニンなどの抗酸化物質が多く含まれているため、現在人のストレスに大変有効です。特にサプリメントではなく食べ物から摂取する場合食べられる量も限度があり副作用などが出にくいとされています。 ブルーベリーの中でもビルベリーには特にアントシアニンが多いとされています。 ブルーベリーを食べると眼にいいと言われて来ましたが、現在の医学的見解では効果はあまりないそうです。 最近よくスムージーやアイスクリームのトッピングとして使われているアサイーもブルーベリーのような果実でビタミンAが含まれているため、抗酸化作用が強いです。 ただビタミンAは脂溶性ビタミンであり長期に過剰摂取すると頭痛や皮膚乾燥をひき起こしやすくなります。

ブルーベリーサプリメント

ブルーベリーサプリメントを選ぶポイントは飲んでみて効果が実感できるかどうかです。初めて購入されるときはビルベリーが含まれていたりルテインが入っている商品がお勧めです。 ルテインも目の疲れに効く成分であり、それだけでは効果が弱いですがブルーベリーのような抗酸化剤と一緒に取ることで本来の力を発揮します。 どうしても目の疲れがとれない時は目薬です。アサイーと同じビタミンAが入ったものもあります。 レンジでチンした蒸しタオルを目に当てるだけでも結構が良くなりスッキリします。 ビタミンB12が入った赤色の目薬は神経をほぐすため効果的ですが、光により分解するため、遮光保存をしなければなりません。 ブルーベリーはジャムや実そのもの、野菜ジュースなどに含まれており知らず知らずに取っていることが多いです。